借金返済の方法を教えます!

あらゆる借金の悩みに答えちゃいます!

親の借金は子供に返済の義務があるのか?相続放棄の方法

f:id:sara_307:20160330100107j:plain

子供の教育費が足りない、住宅ローンを組んで家を購入、ギャンブルにのめり込んでしまったなど、親が借金を作る理由は様々です。

親が子供の借金を見抜くことは簡単ですが、子供が親の借金をとなれば、まず気づけないはずです。

それでは、いかなる場合でも親の作った借金を子供は返さなければいけないのでしょうか。

親が生きている、死んでいることによっても、状況は変わるのかもしれません。 子供の借金が有効か無効か、相続放棄すべきかを考えてください。

 

人気エントリー

子供に返済義務が生じない場合

f:id:sara_307:20160330100108j:plain

債務者本人が生きており、一緒に生活をしている又は雲隠れしてしまったなら、債権者が自宅を訪れるはずです。

債権者は返済を済ませてほしいため、親がダメなら家族の問題であり、体を売ってでも子供が支払えと言うかもしれません。

ただし子供だからという理由で、返済義務が生じる可能性は一切ないのです。

親に支払う意思がなくても、同じです。

債権者が言葉巧みに有効性を説明し始める可能性もありますが、無視しても大丈夫です。

対処しなくても、国から罰則を受ける心配もありません。

債権者本人が亡くなっているなら、法律上では子供に支払う義務が生じます。

ただし、相続人だから返済しなければいけないという話ですので、相続を放棄すれば返済義務も消滅します。

子供に返済義務が生じる場合

f:id:sara_307:20160330100109j:plain

親の借金を肩代わり、つまり保証人という立場になると、子供にも返済する義務が生まれます。

子供がお金を1円も受け取っていなくても、契約上では債務者の1人という扱いになるからです。

保証人という制度にも種類があり、保証人、連帯保証人、連帯債務者の順で責任が重くなります。

子供が親の保証人なら、親に支払い能力がないと判断された時に、子供へ請求の案内が来ます。

保証人が3人いれば、債務の3分の1ずつを返さなければいけません。

次に連帯保証人と連帯債務者ですが、こちらは親の支払い能力とは関係なく、保証人が借金を背負うことになります。

親に請求をしてくださいと突っぱねたり、逃げることもできないのです。

特に連帯債務者は、名称の通り保証人ではなく債務者です。

お金を借りた親と全く同じ扱いを受けるため、債権者は連帯債務者となっている人に対して自由に返済を求められます。

そして、親の財産を相続すれば権利が移動しますので、子供にも借金の返済義務が生まれます。

限定承認は相続した財産の範囲内で借金を返すことになり、差し引きマイナスであれば範囲を超えたぶんは支払う義務がありません。

借金を返しても財産が残るのなら、相続した人間で分け合います。

単純承認をすると、親の財産権利が全て相続人へ移動します。

親が借金を抱えていると、相続人は債務者となるのです。

相続放棄のやり方で知っておくこと

f:id:sara_307:20160330100110j:plain

相続放棄をする前に、まずは親の借金がいくらあるのかを調べてください。

明細書などから勝手に1億円の借金があると思っていても、死亡したことで契約が消滅している場合も考えられるからです。

債務者の死亡により時効援用となる貸金業者の契約もあるため、借金総額を把握するために信用情報機関へ問い合わせましょう。

さて、親が借金まみれであったという事実が分かれば、相続を放棄することになるでしょう。

法律の規定では、相続開始を知った時から3か月以内に、家庭裁判所へ申し立てをしなければいけません。

申し立てには相続放棄申述書と申述人の戸籍謄本、被相続人の除籍謄本、収入印紙、申述人の認印を提出する必要があります。

当然ですが、申し立ては相続人本人が行わなければいけません。

家庭裁判所が受理をすると、手続きは完了です。

ところが親が事前に、資産状況をまとめているとは限らないのです。

場合によっては相続人が一から調査を始めなければいけないため、3か月という期間では間に合わない恐れも考えられます。

兄弟間の相続争いというトラブルも想定できます。

もしも3か月という期間を知らなかったり、過ぎてしまった時には、法律事務所へ助けを請いましょう。

裁判所はマニュアル通りに動いているわけではないため、弁護士が抜け道を見つけてくれるかもしれません。